複合機のタイプは

複合機もその導入される企業や個人など、規模の大きさや使用目的により、そのタイプが違ってくるようです。
ここではそのタイプについて紹介してみましょう。

○デジタル複合機
主にオフィス向けの複合機となります。
A3サイズなど、大判のデジタル複写機能に、FAX通信やLANによるネットワークの機能を持たせたものが主流となっています。
そのタイプのほとんどはカラープリント対応で、モノクロも含め、高速プリントを実現したものが多く、本格的なビジネス使用のタイプとなります。
ほとんどが、高額なモデルになるため、リース契約による導入が多いのも特徴です。
大量印刷や煩雑な利用が多いため、コピー代やトナー代なども含めた保守契約を結ぶケースがほとんどです。

○カラーページプリンタ複合機
比較的中小のオフィス向けのタイプとなります。
このクラスは、小型化や低価格化が進み、需要の大きさもあり、競争が比較的激しい市場となっているタイプの複合機です。
高付加価値の機能を除き、カラーページプリンタやカラースキャナ機能など、デジタル複合機と遜色ない基本性能を兼ね備えています。

○カラーインクジェットプリンタ複合機
主にスモールオフィスや個人などをターゲットとした複合機になります。
カラープリント機能にFAX機能や、スキャナ機能を追加し、低価格が売りのタイプです。
パソコンとの接続機能を持っており、家庭用プリンタとしてのニーズも急速に高まっています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) OA機器ガイド-複合機編- All Rights Reserved.